知らないという事が人生で損をしている件

知っていると得をするネタを紹介したり、しなかったり。FXの話をしたりしなかったりするブログです。

医療費控除について調べてみた

 

 

 

もう確定申告の時期ですね。

今回は医療費控除について調べてみようと思います。

 

Q.医療費控除とは?

A.ざっくりといえば、家族の1年間の医療費が10万円を超えたなら、確定申告してくれたら10万を超えた分について税金を安くするよって話。

 

え?そんなの知らなかった!って人。

大丈夫です。5年間はさかのぼって申請できます。

今回の私のミッションは5年間さかのぼって医療費控除をやってみようというお話。

 

5年間というと、、、平成30・29・28・27・26年分。

私の嫁さんが不妊治療で結構な医療費がかかっていたので、これは申請しないと!って感じ。

ただ問題がありまして。。。 領収書は無し。保険も効かないので医療費のお知らせにも記載されていない(保険証使ったらここに記載される)

という事で病院に問い合わせると「年間の医療費の合計なら出せます」との事

一応税務署に電話して確認もしつつ、結論としては

「申請してみないとわからない」

もう裁判ですよ。裁判。証拠を提示して税務署がOKと言えば税金が返ってくる形式。

 

<最低限必要な物>

1. 年間の収入がわかるもの

  ①源泉徴収票 (普通は会社に言えば出してくれます) 

  ②課税(所得)証明書(年間の所得が記載されています)←市役所で発行可

 

2. 年間の医療費の合計がわかるもの

  ①医療費のお知らせ(保険を使用した一覧表みたいなのが送られてきているハズ)

  ②病院の領収書

  ③医療費がかかった病院で年間トータル金額を出してもらう

  (ちなみに5年分出してもらうのに15000円程かかりました。)

 

3. 身分証明できるもの

  ①マイナンバーカードの裏表コピー

  ②免許証 etc

 

4. 印鑑・通帳(一応用意)

5. その他(他に確定申告する為に必要な書類)

 

以上を持って確定申告会場に行く予定。

詳細はまた後日。